Connect!。

Connect!というiPhoneアプリで遊んでみた。

ボードゲームとiPhoneとさんで紹介されていた、Connect!というゲームで遊んでみた。

面白そうだなぁ、と思ったので早速購入してやってみたんだけれど、3x4のボードでCPU相手にやったところ、真ん中を取るといつも勝ち。
なんか、真ん中取れば先手必勝なんじゃないかなぁ、と思って少し調べたら、やっぱり先手必勝だった。
しかも手順簡単。
おもんないなぁ・・・

以下、手順。
ちなみにルールは、
1.赤は上のいずれかの点と下のいずれかの点を繋げば勝ち。
  青は右のいずれかの点と左のいずれかの点を繋げば勝ち。
2.赤は初手だけ1本、線を引く。
  以降、青と赤が交互に2本ずつ線を引く。
  (線が引けるのは、点と点の間の細い線が引かれているところ。)

1.まず、真ん中をとる。

2.青は、次に真ん中のラインで上下を繋げられてしまってはいけないので、一手はこれを遮る手。
  つまり、次の状態が基本図となる。

3.(パターンA)ここから、次の3通りに変化した場合は、それぞれ以下のようにして、赤必勝。
  
  ↓
  
なぜかというと、
・まず、青はこの手番で左の点と右の点を繋ぐことは出来ない。
・このままだと左のラインor右のラインを次の手番で繋げられてしまう。
・さらに、左上(右上)の点と右下(左下)の点を繋ぐラインも残っている。
ので、この3つを防ぐことが出来ないから。

3.(パターンB)基本図から次の2通りに変化した場合は、それぞれ以下のようにして、赤必勝。
 
  ↓
 
なぜかというと、
・まず、青はこの手番で左の点と右の点を繋ぐことは出来ない。
・ここから赤は、左上、真ん中、右上のどの点にも、二手で繋ぐことが出来る。
ので、この3ルートを青は防ぐことが出来ないから。

3.(パターンC)基本図から次に変化した場合、やはり赤必勝。

  ↓

なぜかというと、
・まず、青はこの手番で(ry
・赤には、左のライン、右下の点へ繋ぐライン、左下の点へ繋ぐラインがある。
ので、この3ルートを(ry

そして、対称性から、変化のパターンはこれで網羅されている。
よって、先手必勝。

マルバツゲームよりかは複雑だけど、やはりこの程度の複雑さで運要素がないのだと、簡単に必勝法が出てきてしまって面白くないなぁ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

«ETロボコンの要素技術。